QUAD LOCK(クアッドロック)のレビュー. スマホホルダーのおすすめ!

モーターサイクル

みなさんは、スマホマウントを使用していますか?

ナビや通話、ログを撮ったりと、スマートフォンは1台で様々なことができて便利ですが、そんなスマホをどうやってハンドル周りに固定するかはライダーにとって悩ましい問題ですよね。

今回は、私が色々試してこれはいいな!と感じている簡便な操作性と、強力な保持力さらにはコンパクトさを兼ね備えたスマホホルダー

QUAD LOCK(クアッドロック)を紹介したいと思いますので、お付き合いいただきたく思います。

ホルダー選びはむつかしい

みなさんはスマホホルダーにどのような価値を求めているでしょうか?

保持力・大きさ・価格・着脱の速さ・防水性・高級感 etc…

様々な要素があると思います・

私の場合、最初はナビ代わりにスマホを使いたかったので、とにかくハンドル周りに固定できれば良いくらいにしか考えていませんでした。

とりあえずと最初に使用した製品は、

・AQUALAND スマホホルダー 

強力な保持力と、ケースにスマホを入れる構造ゆえの高い防水・防汚性能。そして、安価であることが魅力的な製品でした。

しかし、ケースに入れるためスマホの操作感が悪かったり、熱がこもりフリーズしてしまったり、また着脱が面倒(ちょっとコツが必要)なうえ、カバーが嵩張り外観がゴテゴテしてしまうという弱点があり、買い替えることとなりました。

その後、スマホを挟んで固定するタイプのホルダーを使用していったのですが、安価なものは保持力が弱く使うのが不安な製品ばかりでした。

アルミ削り出しのかっこいいうえに保持力が高い製品もあったのですが、非常に高価。

そんな中、とても使い勝手が良いホルダーと出会いました。

・RAM MOUNT(ラムマウント) Xグリップ&M8ボルトベースセット

本品はとにかくスマホの着脱が楽で、取り付け角度を自在に操作できるため視認性も良く、価格もそれなりでお勧めできる製品です。

しかし、やや大柄なためバイクの外観と相性が悪く感じ、また、オフロードで転倒した時に外れたことがあるため際保持力に不安を感じて買い替えを検討することになりました。

ここまでの経緯で自分の要求をまとめると以下の要点を重視していることが分かりました。

・オフロードでも落ちない保持力

・グローブをしたままでも扱える簡便な操作性

・バイクの外観を損ねないデザイン性

そして、色々調べた末、QUAD LOCK(クアッドロック)に至りました。

誤解のないように補足 Xグリップは優秀です

デザインが許容できるならスマホを挟んで固定するタイプのホルダーではお勧め

 ・オンロードの使用では十分以上の保持力。

   (立ちごけ・握りごけなど少々のことではビクともしない。)

 ・取り付け位置・角度調整機能は優秀。

 ・操作性良好でグローブを装着時でも扱える。

QUAD LOCK(クアッドロック)とは?

QUAD LOCKはクラウドファンディングで資金を集め、オーストラリアで生まれたというちょっとイマドキ感のある出自の製品群です。

本品のメリット・デメリットは以下の通り

メリット

・マウント機構がコンパクトで、バイクの外観を損ねないデザイン

・非常に強固な保持力

・スピーディーな脱着が可能な高い操作性

デメリット

・ちょっとお高い

・コンパクトとはいえスマホにアダプターを付ける必要がある

まず、QUAD LOCKのマウント機構はとてもコンパクトです。

iPhoneやGalaxyにはアダプターが組み込まれた専用のケースも販売されていますが、貼り付けタイプのユニバーサルアダプターが販売されているので、どんなスマホでも問題なく使用できると思います。

ちなみに私はユニバーサルアダプター使ってますが3Mの強力な両面テープで張り付けるため非常に強力です。

機構自体がコンパクトなので、バイクの外観を損ねない点はとても優秀です。

致し方ないのですが、スマホにアダプターが付くことになるので、机において使うときなどは座りが若干悪くなりますのでここは注意です!

また、着脱も非常に簡単です

マウント基部をアダプターに押し当て、45°回すと非常に強固に固定されます。

取り外したいときは、青いレバーを押しながら装着時同様に回すだけです。

この機構が本当に優秀で、グローブを付けたままでも数秒で着脱が行えるためとても便利です。

保持力も強力で、HPでは「100kgの荷重に耐える」と謳っているのですが、実際オフロードで転んでも外れたことはありません

カバーからスマホが外れる可能性のほうが高いと思います(笑)

私のおすすめ

QUAD LOCKは様々なモデルが販売されていますが、私はRAM MOUNTと組み合わせての使用することをおすすめします。

その理由は、スマホの固定位置や画面の角度を簡単に調節できるためです。

乗車姿勢や日の角度に合わせて、自在に調整できるようになるので本当におすすめです。

私が使っている使用は以下の資材で構成しています

ボールアダプターを使用することで、前述の調整機能が使用できます。

グリグリ動くので便利ですよ!

アームの長さや材料は複数あるので、仕様に合わせてチョイスしてください。

重いと感じたことはないのですが、重量を図ってみました。

ボールベースを入れると110g程度といったところでしょうか。

旅先での角度調節機能が必要でない方でハンドル周りに装着したい方は

HANDLEBAR MOUNT V2

重量配分が気になったり、ステムに装着したい方は

FORK STEM MOUNT

を使用するといいと思います。

まとめ

QUAD LOCKはスマホホルダーが必要なすべてのライダーにお勧めできる製品です。

他にもいい製品があると思いますし、類似のワンタッチ式のマウントも販売されていますが、マウンテンバイクに使っている人がいたので、やや値段は張りますが本品を試すことにしました。

結果、2年間使っていてますが、とても満足しています

オフロードでも転倒しても一度も外れたことはありませんし、マウントの保持部のヘタリはほとんど感じません耐久力もなかなかのものです。

また、マウント機構自体がとてもコンパクトなので、ハンドル周りをシンプルにまとめることが出来ます。

更に、RUM MOUNTと組み合わせればスマホの固定位置や画面の角度を簡単に調節できるのでいっそうお勧めです!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました